Le-Techs Inc.

契約書を電子化することで得られるメリット

電子契約は今や多くの企業が導入、もしくは導入を検討しています。

終わりの見えないコロナ禍でも企業活動を続けるにはテレワークに対応した体制を整える必要があります。押印文化の根強い日本では電子契約サービスは特に注目が集まりました。

「ハンコ出社」や「脱ハンコ」などの言葉も生まれ、広く使われるようになりました。契約書や稟議書にハンコを押すのを廃止することはテレワークの推進が可能になるだけではなく、様々なメリットがあります。

一般的なメリット

□業務効率化

  • 契約書の印刷・製本・押印・郵送・保管の手間を省略可能(これまで1週間程度かかっていたものが数分で完結できるように)
  • 社内・社外の進捗状況の管理が可能に
  • 検索性の向上

□コスト削減

  • 印紙税の削減
  • 郵送費の削減
  • 保管費の削減

□コンプライアンスの強化

  • 原本性の確保(非改ざん性)
  • 契約漏れ、更新・解約漏れのリスクを低減
  • 権限管理による閲覧制限
  • 法令に準拠した書類管理・保管
  • 紙の原本の紛失・破損リスクの回避

リーテックスデジタル契約®︎ならではのメリット

□反社会的勢力の排除
・サービス利用前に利用者の反社会的勢力ではないかを確認、クリーンな取引環境の構築

□資金調達の手段(POファイナンス®︎の活用)
・提携金融機関との連携によるPOファイナンス®︎の提供が可能

リーテックスデジタル契約は金融機関との提携により、幅広く安心してご利用いただけるスキーム設計となっています。
 
契約書の電子化にはこれだけ多くのメリットがあります。脱ハンコによる新型コロナウイルス感染症への対策だけではなく企業の生産性向上には欠かせないデジタル化。これからも様々なものがデジタル化されることが予想されます。

自社だけが置き去りにされないよう、契約書の電子化を進めましょう。
リーテックスデジタル契約®︎は導入前後のフォローも万全です。お気軽にお問い合わせください。