Le-Techs Inc.

FAQ

よくある質問

他の電子契約サービスとリーテックスデジタル契約®の違いはなんですか?

多くの電子契約サービスは電子署名法だけに依拠しています。ただし、電子署名法には法人の規定がないという問題点があります。
新たに開発したリーテックスデジタル契約®は、電子署名法に加えて、電子記録債権法を併用することで、この問題点を解決しました。

電子記録債権法とはなんですか?

債権を電子化し、新たな決済手段として活用することで、債権の流動化と資金調達の円滑化を図る法律(2008年12月施行)です。
電子記録債権の発生のためには、債権者・債務者同士の厳格な意思確認が必要なうえ、データに関しては、国の指定記録機関が責任をもって保管しています。一方で、電子記録債権法は柔軟な設計制度をとっており、契約書についても、電子記録債権の内部データとして記録することが許容されています。
リーテックス®は指定記録機関であるTranzax電子債権株式会社と連携することで、電子契約書と電子記録債権をリンクさせた法的安定性の高い電子契約サービスの提供をしています。

電子記録債権とはなんですか?

電子記録債権は、従来の指名債権とも手形とも異なる新しい類型の金銭債権です。売掛債権の二重譲渡リスク、対抗要件通知の煩雑さといったデメリット、および手形の事務手続きにかかる諸コスト等のデメリットを解消することができます。
また、電子記録債権にすることで、POファイナンス®を利用することができます。
(POファイナンス®の詳細については、Q〜をご参照ください) 

電子署名法の問題点とは?

電子契約の基礎をなす電子署名法は、もともと個人がインターネット上で契約や諸手続きをできるようにすることを目的として制定された法律のため、法人の電子署名に関する規定がありません。 したがって、電子署名法では個人の氏名しか証明されません。また、法人を代表・代理する者の権限も推定されないため、法人間で電子契約を作成しても、それが当該法人の意思に基づいているのかどうか証明できないという問題点があります。
現状の電子契約サービスは電子署名法のみに依拠しているため、法人間契約には適していないと考えられます。

印紙税が不要な理由はなんですか?

印紙税が課される対象は「作成」された課税文書(契約書など)です(印紙税法2条)ここでいう「作成」とは「単なる課税文書の調製行為をいうのではなく、課税文書となるべき用紙等に課税事項を記載し、これを当該文書の目的にしたがって行使すること」をいいます(印紙税法基本通達44条)。
つまり、紙の書面に書いて交付することが「作成」行為にあたります。電子契約(データ)を締結(送信)することは課税文書の「作成」に該当せず、課税対象にはなりません。税務当局の見解でも「注文請書の現物の交付がなされない以上、たとえ注文請書を電磁的記録に変換した媒体を電子メールで送信したとしても、ファクシミリ通信により送信したものと同様に、課税文書を作成したことにはならない」と述べられています。

電子署名とは何ですか?

紙の書類に押印する印鑑や署名の役割をもち、その書類本人による正式なものであり、かつ改ざんされていないことを証明するものです。

タイムスタンプとはなんですか?

電子ファイルに付与する電子的な時刻情報のことです。タイムスタンプが付与された時点で電子ファイルが確実に存在していて、付与した時点以降、改ざんされていないことを証明することができます。リーテックスデジタル契約®は、時刻認証業務認定事業者である株式会社サイバーリンクスのタイムスタンプを付与しています。

POファイナンス®とはなんですか?どのようにしたら利用できますか?

中小零細企業・個人事業主への成長資金を供給するTranzax社独自のサービスです。国の制度である「ものづくり補助金」のつなぎ融資でもPOファイナンス®が利用できます。
Tranzax電子債権株式会社は電子記録債権法に基づき、国の指定を受けた独立系の電子債権記録機関です。POファイナンス®の利用には融資を実際に行う金融機関の審査がございます。
POファイナンス®の利用をご希望のお客様は、当社お問い合わせフォームよりご相談ください。
お問い合わせはこちら

反社会的勢力排除とは具体的にどのような行われるのですか?

Tranzax電子債権株式会社の利用者登録時に行います。国の指定機関であるTranzax電子債権株式会社では、金融機関と同様に犯罪収益移転防止法に準拠した審査が行われるので、登録の時点で反社会的勢力を排除することができます。これにより、企業のコンプライアンス・ガバナンス強化にも貢献できます。

発信回数の上限に達した時はどのようにすれば良いですか? 

プラン変更をお願いしております。
詳しくはお問い合わせフォームまでご連絡ください。 

サービスの利用を終了した際のデータはどうなりますか?

契約終了後も当社にてデータを保管します
ダウンロード機能は引き続きご利用可能です。

電子契約書の保存期間は?

リーテックスデジタル契約®の保存期間は15年です。

利用時の推奨環境はありますか?

以下の環境をご用意ください。
・Google Chrome(Windows用・Mac OS X用それぞれの最新版)
・Microsoft Edge(Windows用の最新版)
・Safari(Mac OS X用の最新版)
※なお、それぞれのブラウザにおいて、 Cookie 及び JavaScript が利用可能なこと。

3者間以上の契約には対応していますか?

現在は未対応ですが、今後はサービス拡大の予定です。

外国語の対応はしていますか?

現在は未対応ですが、今後のアップデートで順次対応の予定となっております。

導入したいのですが、どうすればいいのですか

必要書類をPDFにてご準備の上、 こちらからお申し込みください。

取引先への導入や説明はどうすればいいのですか

プレミアム会員のお客様のお取引先には弊社スタッフがご説明に伺います。
詳しくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

取引先から案内のメールが来ました。どうすればいいのですか

必要書類をPDFにてご用意の上、新規利用者登録をお願いいたします。 
契約の受信(ダウンロード)のみの場合は無料でご利用いただけます。

導入後のサポートはありますか?

メール・電話でのサポートを行なっております。 
またプレミアム会員の皆様にはお取引先様へご説明を月1回まで無料で行なっております。
(2回目以降は有料となります) 詳しくはお問い合わせフォームまでご連絡ください。

SUPPORT

リーテックスデジタル契約®サポートデスク

リーテックスデジタル契約®でご不明な点は、こちらのサポートデスクまでお問い合わせ下さい。


電話:0120-17-1424(通話料無料)

お取扱時間:10:00 ~ 19:00(土日祝日を除く)

MAIL:support@le-techs.com