会社概要

事業運営会社リーテックス株式会社
設立平成31年1月16日
資本3億9580万円(資本準備金含む)
代表取締役小倉隆志(武蔵野大学法学部客員教授、国際公認投資アナリスト)
取締役 大川竜治(管理部門担当)
宿輪純一(社外役員 帝京大学経済学部教授)
監査役栂井尚志(社外役員 元日本銀行発券局長)
執行役員 𠮷澤清司(COO)
川上秀樹(地域金融機関連携担当)
住所〒160-0005 東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル10階
電話番号(代表)03-6273-2207

MANAGEMENT

経営者紹介

BtoBのマルチテクノロジー企業「リーテックス株式会社」を設立しました。狙いは、劇的に効率化された最新のITインフラとAIテクノロジーを金融、法務、会計の専門知識と融合させた新しいサービスの提供です。

ITのテクノロジー・オリエンテッド的なサービスはしばしば提供側の自己満足にすぎないことがあります。金融や法務、会計の専門的知見を活かして初めて業務の効率化につながります。当社は最高の専門家との連携の中で、ITを活かします。

代表取締役 小 倉 隆 志

経歴

1986年一橋大学卒、野村證券入社。日本アジア証券代表取締役社長、エフエム東京執行役員経営企画局長、CSK-IS執行役員を経て、2009年日本電子記録債権研究所(現Tranzax株式会社)を創業し代表取締役社長。2019年システム・ファイナンス(現リーテックス株式会社)を創業し代表取締役社長。武蔵野大学法学部客員教授 国際公認投資アナリスト。2020年8月より中小企業庁「約束手形をはじめとする支払条件の改善に向けた検討会」オブザーバー。

著作・論文

『企業のためのフィンテック入門』
 幻冬舎より2017年8月25日第1刷発行

ベストセラーランキング1位
 紀伊国屋書店大手町ビル店2017年10月23日~29日

~全国書店にて発売中~

週刊金融財政事情 2019年6月3日号
 『ものづくり補助金のつなぎ融資で電子記録債権担保を活用』

銀行実務 2018年9月号
 『「商流・資金流の見える化」による信用リスクマネジメント』

銀行実務 2017年9月号
 『下請取引適正化勧告を受けた「電子記録債権」の新たな利用提案』

金融ジャーナル 2012年3月号
 『誌上セミナー「電子記録債権」 3 最終回~電子記録債権は何を解決するのか~ジャーナル』

金融ジャーナル 2012年2月号
 『誌上セミナー「電子記録債権」 2 発展編』

金融ジャーナル 2012年1月号
 『誌上セミナー「電子記録債権」 1 基礎編』

金融ジャーナル 2011年8月号
 TOPIC 『地域活性化に資する電子記録債権の可能性』

IT導入補助金を相談 わかりやすい資料請求
IT導入補助金を相談
わかりやすい資料請求

©2022 リーテックス株式会社 〜もっと、頼れる電子契約へ〜