重要!電子保存義務は知っていますか?

②電子帳簿保存法の保存義務

電子帳簿保存法での保存義務のポイントは以下2点です。

①電子で受け取った証憑は電子で保存しなければならない
②紙で受け取った証憑は紙または電子のどちらで保存しても良い

①電子で受け取ったものは電子で保存しなければならない

令和3年度税制改正で、電子的な証憑をプリントアウトして保存する方法が廃止
令和4年1月1日以降は、メールで送られてきた請求書などを含む全ての電子取引について、データで保存することが必要となりました。

電子的な証憑…EDI取引(電子的自動受発注)、インターネット等による取引、 電子メールにより取引情報を授受する取引(添付ファイルによる場合を含みます)

取引情報…取引に関して受領し、又は交付する注文書、契約書、送り状、領収書、見積書

②紙で受け取った証憑は紙または電子のどちらで保存しても良い

紙で受け取った証憑は紙または電子のどちらでも保存しても良いですが、両方で保存するには業務的に負荷が高いため、どちらかに寄せた方が良いです。長い目で見たら、紙で保存するよりも電子の方が法対応に適していると考えられます。

IT導入補助金を相談 わかりやすい資料請求
IT導入補助金を相談
わかりやすい資料請求

©2022 リーテックス株式会社 〜もっと、頼れる電子契約へ〜