Le-Techs Inc.

そもそも電子契約とは何か?定義を解説

この記事では、電子契約とはそもそもどのようなものなのか、その定義について詳しく解説します。これから電子契約の導入を検討にあたって参考になれば幸いです。

電子契約の定義

電子契約の定義は、「従来、書面を作成していた契約について電子的なデータにより保存・管理すること」です。

ただ、現状は法令上で「電子契約」の概念が定められているわけではありません。そのため、語られる文脈や論者によって異なる意味合いで用いられている可能性もあるため注意が必要です。

電子契約が生まれた背景

電子契約が生まれ、普及した背景にはインターネットの発展があります。

インターネットを介した電子的な商取引は今や企業活動に欠かすことができなくなっており、商品・サービスの宣伝等のマーケティングから、契約、売買、製品の受発注や出荷、請求や決済などの商業活動は電子的なネットワークを利用して行われ、それが様々な分野で広がり続けています。

広義でこのような取引は電子取引と呼ばれ、国税庁は電子取引の範囲を、取引情報が電磁的記録の授受によって行われるすべての取引と定義しています。

電子取引における取引情報には見積書、注文書、契約書、納品書、請求書、領収書、送り状などがあり、従来は紙の書類に記載されるような事項が該当します。商業活動の中では、用途に合わせて様々な様式で作成され当事者を介して授受されています。

電子取引の広がりとあわせて、電子文書のやり取りだけで契約を締結する方法、いわゆる電子契約といった手段が広がることになったのです。

いままで一般的な企業間の契約においては、裁判における証拠性や、各種法令を遵守するため、書面に署名捺印を行った紙の契約書を用いて合意し、それを契約当事者双方で保管していました。

それが、インターネットによる電子取引の拡大に伴って、契約書の電子化につながったのです。

電子契約に用いられる、電子署名や電子サイン

電子契約では、書面への手書き署名や押印に代わり、電子文書へ「電子署名」や「電子サイン」が付与されます。それらには認証方法や技術に違いがあります。

一般的に、「電子サイン」はサインを行う際に第三者認証までは行わないため導入しやすく、電磁的記録(電子文書等)の確認や承認などのプロセスで幅広く利用される傾向があります。

一方で「電子署名」は、第三者による本人認証や高度な暗号技術要素が加わるため、重要性の高い厳格な契約の締結で利用される傾向があります。

日本では、「電子署名及び認証業務に関する法律」(いわゆる電子署名法)があり、電磁的記録(電子文書等)に本人の電子署名を付与することにより、書面に手書き署名や押印を付した場合と同等の法的効力が得られるよう法整備がされています。

これらの電子契約の法律的な面の解説については、別記事の「法律的視点から見た電子契約の現状」で詳細を解説しておりますのでぜひご参照ください。

業界や業務によって様々な法令や規則がありますが、契約書の締結を電子契約で行う場合は前述の電子署名法に定める要件を求めるものもありますので、国内においては法的な有効性をもって立証するためには「電子署名」を付与する電子契約が望ましいと言えます。

まとめ

契約書は法人間や個人を問わず、契約内容についてのトラブルを避けるために、証拠として書面を用いて保管することが一般的でした。しかし紙の契約書は製本・押印・印紙貼付・郵送・返送・締結・ファイルに保管といった手作業が多く非常に時間がかかります。

電子契約ではこの一連の手作業が全てPC1台・Web上で完結するため業務効率化が期待できます。

そして、電子契約は、コロナ禍により急速に導入する企業が増えています。電子契約の正しい理解をするとともに、ぜひ他記事も参考に、導入検討に必要なポイントを押さえていただければ幸いです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

契約と契約書〜電子契約を選ぶ際のポイント

法律的視点から見た電子契約の現状

契約書の電子化によるメリットまとめ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/coralwombat71/www/le-techs.com/wp-includes/script-loader.php on line 2652