リーテックスデジタル契約®は、電子帳簿保存法で定める国税関係書類を電子データで保存するソフトウェアとして、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による要件適合性の確認(「認証」)を受け、本日、国税庁のホームページ上の電子書類ソフト認証リスト(パターン2:取引関係書類)に掲載されました。

国税庁ホームページはこちら
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会のホームページはこちら

電子契約については、秘密保持契約など金銭の授受を伴わない一部を除いて、法人税法上の証憑として保存義務があります。
このため、電子帳簿保存法の電子取引の電磁的記録の保存要件を満たさなければなりません。
電子契約などのソフトウェアに対する公的な認証制度がJIIMA認証です。
電子契約ソフト分野で、「電子書類ソフト パターン2:取引関係書類(作成・保存)」が認証されたのは、リーテックスデジタル契約®が初めてです。

この認証により、通常の電子契約だけではなく、過去の紙の契約書の電子保存や取引相手に紙で送った契約書、請求書、領収書などの取引証憑の電子保存もリーテックスデジタル契約®で適法に行えることが公的に認証されました。

従来、電子契約に関して規制が無かったので、様々なセキュリティレベルのソフトウェアが販売されてきました。
リーテックスデジタル契約®は業界最高峰の電子的保存システムです。
公的な認証でこのセキュリティ水準があらためて確認されました。
保存されている紙の契約書も含めた電子化を検討されているお客様におかれましては、ぜひこのJIIMA認証の有無を判断基準にお加えください。

プレスリリースはこちら

IT導入補助金を相談 わかりやすい資料請求
IT導入補助金を相談
わかりやすい資料請求

©2022 リーテックス株式会社 〜もっと、頼れる電子契約へ〜