電子帳簿保存法では、保存したファイルの修正、削除を禁止しているので、ほとんどの電子契約サービスでは、締結後の電子契約ファイルの修正、削除はできない仕様になっています。
しかし、間違って締結した電子契約の削除や締結後に修正した電子契約にコメントを後から入れたいというお客様のご希望が寄せられていました。

このたび、リーテックスデジタル契約®︎では業界初の取り組みとして、契約締結後の電子契約ファイル、電子保存した電子取引の証憑に後からコメントを追加する機能と非表示とする機能を追加実装しました。

コメント機能では、締結後の電子契約や保存された電子取引の証憑にコメントを付すことが可能となり、備忘録としてご利用いただける他、最初の数文字ではありますが一覧表にも表示されますので注意喚起としてもご利用いただけます。
また、非表示機能では表示したくない契約、例えば締結後修正された契約書、誤って保存してしまった書類などを非表示とするボタンを新設しました。
これにより、表面的には削除したのと同じこととなり、一覧表に表示しなくなります。
非表示を検索条件として、再表示することができますので、管理上の問題はありません。
コメント機能は、保存したファイルに修正をするわけではなく、管理データを追加するだけですので、法的問題はありません。

電子帳簿保存法を遵守しつつ、便利に使うことができるようになりました。
当2機能は全てのプランでご利用いただけますので、ぜひ有効活用してください。

プレスリリースはこちら

IT導入補助金を相談 わかりやすい資料請求
IT導入補助金を相談
わかりやすい資料請求

©2022 リーテックス株式会社 〜もっと、頼れる電子契約へ〜