電子署名に革命を。 [生成AI時代に必要なもの] 電子署名に革命を。 [生成AI時代に必要なもの]

今後のデジタル環境は、生成 AI 中心に動いていきます。

すでにフェイク映像、フェイクニュースなどが氾濫し、何が真実なのかわからなくなっています。

生成 AI が作ったのではなく、人間が作ったということの証明は、これから極めて重要です。

人間が作ったこと、人間の意志であること、人間の決定であること。

これらを証明するのは「電子署名」です。

しかし、現在の「電子署名」の技術は40年前のものです。

今後ますます重要になる「電子署名」ですが、永らく進歩が無かったのです。

しかも、いよいよ実用化される量子コンピューターによって、

現在の電子署名の基幹技術であるRSA暗号方式が解読される危険があることが、既に指摘されています。

生成 AI の時代に一番必要なものが、セキュリティ上の脅威にさらされています。

電子署名に革命を。

それが、ワンタイムデジタル署名®です。

今後のデジタル環境は、生成 AI 中心に動いていきます。

すでにフェイク映像、フェイクニュースなどが氾濫し、何が真実なのかわからなくなっています。

生成 AI が作ったのではなく、人間が作ったということの証明は、これから極めて重要です。

人間が作ったこと、

人間の意志であること、

人間の決定であること。

これらを証明するのは

「電子署名」です。

しかし、現在の「電子署名」の技術は40年前のものです。

今後ますます重要になる「電子署名」ですが、永らく進歩が無かったのです。

しかも、いよいよ実用化される量子コンピューターによって、

現在の電子署名の基幹技術であるRSA暗号方式が解読される危険があることが、既に指摘されています。

生成 AI の時代に一番必要なものが、セキュリティ上の脅威にさらされています。

電子署名に革命を。

それが、ワンタイムデジタル署名®です。

目指したのは、世界を変える電子署名

PCを操作している画像

ONEデジはブロックチェーンを活用することで、量子コンピュータによる解読リスクを排除します。伝統的な暗号化方式には不安が残る中、ブロックチェーンはデータの安全性を保ち、量子コンピュータの脅威に対抗します。

ONEデジで
未来の暗号化に対する
信頼性と真正性を確保。

今までの電子署名とONEデジの比較

比較項目

01視認性

02依存性

03連続性

04真正性

今までの電子署名
公開鍵暗号方式(RSA方式)

見えない不可視署名
視認性に劣り紙による受け渡しが不可

署名は原則PDFファイル
PDFファイルを使って署名するのが一般的

履歴が追えない署名
電子署名の入った文書は変更・修正ができない

量子コンピュータによる
なりすましリスク
40年以上前の技術

これからの電子署名
ONEデジ

可視化された見える署名
印刷した紙からでも電子署名が確認できる

署名はファイルを選ばない
PDF以外にも様々なファイルに電子署名が可能

履歴が追える署名
文書を修正履歴ごとに電子署名を管理できる

記録の信頼性・証明性が高い
ブロックチェーンを活用した安全で効果的な技術

01

見える電子署名「ONEデジ」なら
QRコードを使って、印刷して渡した
紙からでも署名が確認できる

電子署名の存在を一般的に確認する方法はAdobe 社の提供するAcrobat Readerの署名パネルしかない ことです。 PDFをブラウザで開いても署名を確認す ることができません。0NEデジならQRコードを読み 取ることで、作成元情報および原本をいつでもどこ でも確認ができます。

QRコード利用ガイドの画像

02

Excel、Word、PowerPointなど
ファイルを選ばず
電子署名を入れることが可能

公開鍵暗号方式(RSA方式)の電子署名は原則PDFファイルを使うが一般的です。ONEデジはPDF以外にExcel、Word、PowerPointなどファイルを選ばず電子署名を作成することができます。作成した電子署名とQRコードを紐付けることで原本をいつでもどこでも確認ができます。

PDF以外にも様々なファイルに署名が可能なイメージ画像

03

電子署名の入った契約書に
修正・削除を加えても
ONEデジなら署名の履歴管理が可能

電子署名の入った文書に変更があった場合は文書に修正を加えることができないため覚書に最終的な修正内容を記載する独立した契約形態になりますが、ONEデジ(電子署名)なら、修正が入った契約書にも電子署名が入れられるので、履歴含めて管理が可能です。

ONEデジの文書変更履歴の連続性のイメージ画像

04

量子コンピュータやAIが認識できない
未来を見据えた新たな方式で
真実を証明する電子署名「ONEデジ」

公開鍵暗号方式は40年以上前から利用されているため、IT技術の進歩発展に伴いセキュリテイ面の見直しが示唆されている。リーテックスでは、今までの常識にとらわれない発想と高い技術力でブロックチェーンを活用した新たな電子署名「ONEデジ」を各サービスで展開。

ONEデジが量子コンピュータやAIなどの脅威に強いイメージ画像

ONEデジ活用サービス、続々リリース

請求書が表示れているPCのイメージ

様々な電子文書を
長きに渡り真正性を担保する

  • 真実を証明する電子署名「ONEデジ」を使用
  • 修正・削除を加えても署名の履歴管理が可能
  • 電子帳簿保存法にも対応
詳細はこちらへ
請求書が表示れているPCのイメージ

多様で複雑なやり取りも
カンタン操作でスムーズに対応

  • 電子契約の署名にも使える
  • 3者間以上の契約にも対応
  • 電子帳簿保存法に基づいて保存
詳細はこちらへ

よくあるご質問

Q.
ONEデジを活用したサービスはどのようなものがありますか?
A.
電子契約などをおこなう際の文書への署名サービスであるONEデジDocument、
電子請求書発行システムのONEデジInvoiceがあります
今後は証明書などへの署名サービスや文書保管システムなどを随時リリースしていきます。
Q.
文書の履歴を追えるメリットを教えていただけますか?
A.
署名後に修正が入った文書は、覚書を交わし別の文書として保管されるため、履歴を追うのに手間がかかります。
ONEデジなら、修正前から修正後の最新版まで文書を一元管理できるので、ストレスフリーです。
Q.
自社のシステムにONEデジの署名を連携することできますか?
A.
はい。可能です。
個別に打ち合わせの上、調整いたしますのでお問い合わせください。

私たち、リーテックスの想い

私たちはブロックチェーン技術を駆使した電子署名の革新的な開発に取り組み、

これを活用して新しいサービス展開に挑戦しています。

目指すのは、従来の電子署名にはない高い安全性と記録の信頼性の向上。

ブロックチェーンの特性を生かしてデータの改ざんや不正アクセスから確固たる保護を実現し、

未来のテクノロジーの進展にも柔軟に対応します。

そして、私たちの情熱は「真実を証明する力」を具現し、

安全で効率的な電子署名を通して新たな時代を切り拓くことにあります。