リーテックス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:小倉 隆志)は、電子契約の発行・受取経験がある企業の総務・経理担当者・経営者を対象に、「建設業界における電子契約ツールの導入利用」に関する調査を実施しました。

調査結果をまとめ、プレスリリースとして配信しています。

<調査概要>

調査概要:「建設業界における電子契約の発行・受取」に関する調査
【調査期間】2024年6月3日(月)~ 2024年6月5日(水)
【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供するPRIZMA(https://www.prizma-link.com/press)によるインターネット調査
【調査人数】1,013人
【調査対象】調査回答時に①建設業29業種で、電子契約ツールの導入経験がある企業(発行側の総務・経理担当者・経営者)②建設業者への発注の際に、電子契約ツールの利用経験がある企業(受取側の総務・経理担当者・経営者)と回答したモニター
【調査元】リーテックス株式会社(https://le-techs.com/
【モニター提供】PRIZMAリサーチ

<調査サマリー>

【課題はあるものの、長期間の電子保存の保証や印紙代カットなどの期待と需要は高い】

  • 78.0%が電子契約の発行・受取で大変なことがあったと回答
  • 図面を添付した契約締結の経験があるのは78.9%と建設業界では図面添付機能のニーズがあることが判明
  • 受取側の課題上位は「使用方法の難しさ」「利用における社内調整」「工数」
  • 発行側の課題上位は「想定よりも業務効率化できなかった」「想定よりもコスト削減できなかった」「取引先への説明の難しさ」
  • 47.4%が電子契約のメリットとして印紙代の軽減と回答

プレスリリースはこちら

わかりやすい資料請求 IT導入補助金を相談
IT導入補助金を相談
わかりやすい資料請求

©2022 リーテックス株式会社 〜もっと、頼れる電子契約へ〜